仮名安驥集

かなあんきしゅう

(巻第一・二/巻第九・十/巻第十一)

書名仮名安驥集 かなあんきしゅう(巻第一・二/巻第九・十/巻第十一)
著者橋本道派(はしもと どうは)
刊年慶長9年(1604)
形態3冊  26cm  和本

資料解説

日本最初の馬医書(獣医書)の印刷本(木版)全12巻ある。
本書は、初版ではなく江戸時代本
「馬医版本の研究」中村七三編著(称徳館)1998年復刻(刊本)は最も詳しい。
江戸時代文政9年(1826)「続史籍集覧・番外雑書解題巻3」に紹介あり。