要馬秘極集

ようばひごくしゅう

(序・目録・巻一~巻十三)

書名要馬秘極集 ようばひごくしゅう
著者武 昌城(たけ まさしろ)
刊年寛文5年(1665)
形態6冊  23cm  和本

資料解説

江戸時代の馬術・馬医術を含む印刷本(木版)全13巻あり。
馬医術広義(馬体構成等)第9、10巻に薬方・針灸、馬医術は第11、12、13巻にある。
「日本獣医史学雑誌」 第32号 1995年 p27
白井恒三郎著「日本獣医学史」 p103-105
江戸時代文政9年(1826)「続史籍集覧・番外雑書解題」に紹介あり。