MSポータル

トップ > 情報システム利用案内(学部学生)

情報システムの利用案内

学術情報センターでは、学生や教職員の教育研究に必要な情報システム及びネットワークのサービスを提供しています。
ここでは、各種情報システムの利用方法の概要や注意すべき点などを順に紹介します。

1. ネットワーク認証

ネットワーク認証とは、学内でネットワークに接続する際に、ユーザ認証を行うことで、利用資格のない不正ユーザによるネットワーク利用を防ぎ、セキュリティを確保する仕組みのことです。
メールやインターネットなどを利用する前に、ブラウザでユーザ認証を受ける必要があります。
研究室や持込ノートパソコンで学内のネットワークに接続する際には、ネットワーク認証を行ってください。

■ 利用対象

研究室等でのネットワーク利用、学内での個人PCによるネットワーク利用
※コンピュータ教室、メディアステーションは含みません。

■ ネットワーク認証アクセス

ネットワーク認証のURLにアクセスし、ユーザIDとパスワードを入力してログインします。
ネットワーク認証のURL:https://na.azabu-u.ac.jp/(学内限定)
ネットワーク認証のURL(Wi-Fi利用):https://wifi.azabu-u.ac.jp/login.html(学内限定)

■ パスワード変更サイト

・ポータルサイトもしくはパスワード変更サイトへログインし、画面右上に表示されているパスワード変更のアイコンをクリックして、パスワードを変更します。
・パスワードの条件:半角英数字の8文字~16文字
・このパスワード変更は、本学の全システムに反映されます。
 
ポータルサイト:https://portal.azabu-u.ac.jp
パスワード変更サイト:https://auth.gluegent.net/user/password.php?tenant=azabu-u.ac.jp

2. コンピュータ教室

コンピュータ教室は、8号館6階、9号館1階にあります。 8号館6階8602教室と9号館1階9101教室は、授業で使用していない時間帯は、オープンルームとして開放しています。 開館時間は、授業のある期間の月曜日~金曜日、8602教室は9:00~18:00、9101教室は9:00~20:00です。 授業の合間などに活用してください。

■ 学生PCの主な仕様

         
教室PC・外部機器OS主なソフトウェアその他
9号館1階
9101教室
60台
・USB3.0 前面2口
・USB2.0 前面2口
・CD-RW/DVD-ROM
スーパーマルチドライブ
Windows7 Pro Office2013
ホームページビルダー
InternetExplorer
オープンルーム
9号館1階
9102教室
110台
 
8号館6階
8602教室
97台
・USB2.0 前面4口
・CD-RW/DVD-ROM
スーパーマルチドライブ
Office2013
統計分析ソフト
InternetExplorer
オープンルーム

■ PCのログオン

・アカウントカードのユーザIDとパスワードを使用します。
・メディアステーションのPCも同じユーザIDとパスワードを使用します。
・パスワードが分からなくなった場合は、メディアステーションカウンターまでお越しください。

■ オープンルーム

・8602教室と9101教室は、授業で使用していない時間でオープンルームとして利用できます。
・開館時間:[8602教室]授業のある期間の月曜日~金曜日 9:00~18:00 (授業のない期間は閉館)
 [9101教室]授業のある期間の月曜日~金曜日 9:00~20:00 (授業のない期間は閉館)
・オープンルームのスケジュールは、8号館6階ロビー・9101教室のドア前面とポータルサイトの施設予約
「MMCNS(施設グループ)」で確認できます。

3. ポータルサイト

ポータルサイトは、「本学の様々な情報ネットワークサービスに簡単にアクセスできるよう入口をまとめたもの」です。
電子メール、掲示板、eラーニングの授業教材、電子ジャーナルの検索、履修登録・成績確認などの各種機能をWebによるサービスとして提供しており、このポータルサイトから簡単にアクセスすることができます。
本学の在籍者であれば誰でも簡単にこれらのシステムを利用でき、また一度認証を受けるだけでGmail、CampusPlan等のシステムを利用することができます。

■ ポータルサイトの主な機能

【スケジュール】
 個人のスケジュールを管理することができます。
【掲示板】
 休講情報、奨学生募集、就職情報などの連絡事項を確認することができます。「自由に使える掲示板」はコミュ
 ニケーションの場として、学生・教職員誰もが自由に投稿することができます。
【施設予約】
 オープンルームの開館時間、メディアステーション共用機器の予約状況などを確認することができます。
【リンク集(共有)】
 学生生活の中で必要な機能を集約したリンク集です。
 

GmailWebブラウザからメールのやりとりをすることができます。
CampusPlan科目の履修登録や成績の確認を行うことができます。
図書館図書の予約などを行うことができます。
RENANDI授業教材の閲覧やレポート提出などをサポートするeラーニングサービスです。
VPN学外からホームディレクトリ、文献検索・電子ジャーナルにアクセスすることができます。
麻布大学本学のホームページへアクセスすることができます。
緊急連絡・
安否確認システム
災害発生時にインターネット経由で大学と学生と学生の家族の間で安否等の情報を登録及び確認することができます。
       

■ ポータルサイトのアクセス

       

ポータルサイトのURL:https://portal.azabu-u.ac.jp/(学内・学外共通)
・上記のURLにアクセスすると、ログインページが開きますので、ユーザIDとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンを選択します。
・ポータルサイトのオンラインマニュアルは画面右上に表示されている「ヘルプ」を選択します。

4. メールシステム「Gmail」

メールシステム「Gmail」は、Webメールをメインとするシステムで、インターネットに接続できる環境があれば、学内はもとより学外からでも利用することができます。
また、日々蔓延するコンピュータウイルスの感染を未然に防ぐため、メールサーバ内で受信メール及び送信メールのウイルスを検知・駆除し、水際においてウイルスメールをシャットアウトします。

■ Gmailのアクセス

GmailのURL:http://gmail.azabu-u.ac.jp/(学内・学外共通)
 
・上記URLにアクセスするとログインページが開きますので、ユーザIDとパスワードを入力し、「ログイン」を選択します。
・ポータルサイトトップページにあるリンク集(共有)の「Gmail」を選択して利用することもできます。
・「Gmail」のオンラインマニュアルは、画面右上の設定(歯車のアイコン)から「ヘルプ」を選択します。

■ 制限事項

・一人当たりのメールボックス最大容量は30GBです。
・メール送受信の最大容量は添付ファイルを含めて25MBです。
・最大同時送信ユーザ数は500名です

■ メールシステム関連マニュアル(学内)

  各種マニュアル(学内専用)  

5. 教育用ファイルシステム

教育用ファイルシステムとは、学内からだけではなく、学外からも自分のホームディレクトリにアクセスできるシステムです。 SSL通信による暗号化によって、研究室や自宅などからでも安全にファイルアクセスが可能です。 コンピュータ教室からのアクセス方法と、研究室又は学外からのアクセス方法は異なるので注意してください。

詳しいアクセス方法については「ホームディレクトリへのアクセス方法」を参照してください。

■ 教育用ファイルシステムのアクセス(学内)

・学生個人のホームディレクトリは、コンピュータ教室やメディアステーションで利用するPCのマイドキュメントに自動的に割り当てられます。(最大容量 2GB)
・コンピュータ教室以外の研究室や自宅などの学外からも利用することができます。

■教育用ファイルシステムのアクセス(学外)

学外から教育用ファイルシステムにアクセスする場合は、VPN接続をする必要があります。 VPNの接続方法は、ブラウザ接続とVPNアプリ接続の2種類がありますので以下の利用方法を確認の上、接続してください。 VPN接続の方法についてはVPN利用ガイド(ブラウザプラグイン編) もしくは、05_VPN利用ガイド(専用アプリケーション編)を参照してください。

6. eラーニングシステム「RENANDI」

eラーニングシステム「RENANDI」は、インターネットに接続できる環境であれば、いつでもどこでも時間も場所も選ばず利用することができます。  対面型の授業はもちろん、自宅など学外からの自己学習やグループディスカッションに参加したり、さまざまな授業形態に対応した学習環境を提供します。

※「RENANDI」にはすべての授業が登録されている訳ではありません。 履修している授業が「RENANDI」に登録されている場合は、担当教員の指示により使用してください。

■ RENANDIの主な機能

【教材】
PDFファイル等の授業教材や講義関連資料を見ることができます。学習の進捗履歴の確認もできます。
【課題】
担当教員からレポート提出などの課題が出題されます。
【簡易集計】
授業中、担当教員からの授業内容の理解度などの質問に回答する機能です。
【アンケート】
担当教員からアンケートが出題されます。
【テスト】
担当教員からテストが出題されます。
【ドリル】
担当教員から出題された問題を反復演習できます。
国家試験問題(獣医師コース、臨床検査技師コース)については、獣医5・6年次、臨床4年次から利用可能です。
【質問箱】
授業内容に関する質問を送信します。
【お知らせ】
担当教員から連絡事項が提示されます。授業科目選択後のトップページにお知らせが表示されます。
【学習管理】
学習内容・学習状況等の詳細が表示されます。
【シラバス】
授業目的、授業内容を確認できます。
*1 その他リンク集、掲示板、FAQ、ワークプレース等の機能もあります。
*2 授業科目によって使用する機能は異なります。担当教員からの提示に従って使用してください。

■ RENANDIのアクセス

・RENANDIのURL:https://renandi.azabu-u.ac.jp/
・RENANDIのオンラインマニュアルは、ログイン後、画面右上に表示されている「ヘルプ」からアクセスしてください。

7. CampusPlan

CampusPlanは、Web上で科目の履修登録や成績、就職情報の確認を行うことができます。
履修申請期間、履修登録確認・変更期間は、 メディアステーション内が大変混み合います。
自宅などからもアクセスできますので、余裕を持って手続きを行ってください。
 また、履修登録確認・変更期間内に「履修チェック結果(一覧)」をPDFでダウンロードし、Web履修結果受付メール 「rishu@azabu-u.ac.jp」宛に送付する必要があります。

■ Web履修結果のダウンロードについて

1. 履修申請登録が完了したら「履修チェック結果を確認する」をクリックします。
2. 履修内容に誤りがないことを確認したら、【PDF】の部分をクリックし、保存します。
3. 保存したPDFを、大学のGmailを使用し、Web履修結果受付メール「rishu@azabu-u.ac.jp」宛に送付します。

【重要】
・ダウンロードしたPDFは削除せず保存すること!!
・履修確認・変更期間内にメール送付をしなかった場合は、いかなる理由であっても履修登録の回復には応じられません。

8.緊急連絡・安否確認システム

 緊急連絡・安否確認システムは、大きな地震などが発生した際、学外(県外)に設置したシステム(サーバ)を利用することで災害時でもメール、 インターネットで本学に在学中の学生とその家族との間で、相互に安否等の情報を登録及び確認を行うことができます。
なお、平常時は学園からの連絡として休講情報・教室変更・呼出の確認ができます。

■ 緊急連絡・安否確認システムへのログイン

・ユーザIDは、学籍番号(例:V17xxxx)です。初期パスワードは、自身の生まれた月日4桁(例:0401)です。
・緊急連絡・安否確認システムのパスワードがわからなくなってしまった場合は、システム上でパスワードの再発行をしてください。
・詳しい操作方法については、CAMPUS INFORMATIONを御覧ください。

情報システム利用案内

ページのトップへ戻る