検索結果を見る

ページの表示内容

ページの先頭へ

図書の詳細な情報を表示します。

図書の詳細な情報のページは、「検索結果一覧」ページや、「関連資料一覧」ページ、「ブックマーク一覧」ページの一覧で、資料の名称のリンクをクリックすると表示されます。

「検索結果詳細:目次情報」ページや「収録論文」ページで、書名をクリックしたときも、その論文を掲載している図書として表示されます。

「新着資料一覧」ページで資料の名称のリンクをクリックしたときにも表示されます。

以下の資料も、詳細な情報のページに表示される内容は同じです。

  • 視聴覚資料

複数冊がまとまって扱われる資料の扱い

図書には、1冊で完結するものだけでなく、上下巻や全集、シリーズとして刊行されるものなど、複数冊のまとまりが意味を持つものがあります。 これらは、まとまり全体として扱うことも、まとまりを構成する個々の資料として扱うこともできます。

1冊で完結する資料は、全体として扱っても個々の資料として扱っても、同じです。

複数のまとまりを検索時にどう扱うかは、データベースによって異なります。このため、図書館の資料を検索したときと、それ以外のデータベースを検索したときとで、資料の詳細情報として表示される内容が異なることがあります。

資料の情報

ページの先頭へ

資料の詳細な情報が表示されます。 その資料がどこに所蔵されているかという情報も表示されます。

図書館の資料の場合、Amazon.co.jpにその資料のイメージが登録されているときには、表紙の画像イメージが表示されます。 イメージをクリックするとAmazonのページに遷移します。

図書館の資料の場合、目次が登録されているときは、目次も表示されます。 [所蔵]の[巻号]欄に表示される「目次あり」の文字列は、目次の表示位置へのリンクです。

図書館の資料の場合、その資料のイメージ情報が登録されているときは、イメージ情報のアイコン( 画像の表示 画像の表示(アクセス制限あり) 画像の表示 )も表示されます。 アイコンをクリックすると、イメージ情報のページが表示されます。

図書館の資料の場合、その資料がオンラインで利用可能なときは、「電子ブックを表示」リンクも表示されます。 そのリンクをクリックすると、電子ブックのページが表示されます。

国立情報学研究所総合目録データベースに登録されている情報を表示しているときは、 Webcat Plusを検索するためのリンクも表示されます。

予約のためのボタン

ページの先頭へ

[予約]ボタンは、資料の貸出を予約するためのボタンです。

図書館の資料の情報にだけ表示されます。

予約できないときは表示されません。

ブックマークのためのボタン

ページの先頭へ

表示された情報をブックマークする、あるいはブックマークから削除するためのボタンです。

図書館の資料の情報にだけ表示されます。

「ブックマーク詳細」ページには、情報を出力するためのボタンも表示されます。

依頼のためのボタン

ページの先頭へ

図書館に資料の入手を依頼するためのボタンです。

依頼できないときは表示されません。

図書の詳細な情報のページでできること

ページの先頭へ

図書の詳細な情報のページでは、以下の操作が行えます。

  • 資料の詳細な情報を見る

    資料の詳細な情報を参照します。

    補足

  • 資料の予約

    [所蔵]の表で、[予約]ボタンが表示されている資料は、貸出を予約することができます。

    [予約]ボタンをクリックして、資料を予約します。 詳しくは、資料の予約を参照してください。

  • ブックマーク

    必要な資料をブックマークします。複数冊のまとまり全体をブックマークすることも、その中の1冊をブックマークすることもできます。

    「ブックマーク詳細」ページでは、表示されている情報をブックマークから削除することができます。

    「ブックマーク詳細」ページでは、表示されている情報を出力することもできます。

    詳しくは、資料の情報を一時的に保存を参照してください。

  • 資料の入手の依頼

    表示された情報を使って、図書館に資料の入手を依頼します。依頼のためのボタンは以下のとおりです。

    • [借用を依頼]ボタン

    • [複写を依頼]ボタン

    詳しくは、資料の情報を使って依頼を参照してください。

  • Webcat Plusを見る

    国立情報学研究所の総合目録データベースに登録されている情報を表示しているときは、Webcat Plusの情報を参照することができます。

    件数は表示されるが所蔵情報が一覧表示されないときや、一覧表示されたもの以外の所蔵情報を確認したいときに利用します。

    国立情報学研究所による、Webcat Plus利用上の注意

    国立情報学研究所は、Webcat Plusの利用に対して、以下の注意を促しています。

    -----------------------------------

    Webcat Plusは、学術研究利用のために供するものであり、営利のための利用はできません。

    なお、Webcat Plusで検索した資料について、図書館に利用を申し込む際には、各図書館で利用条件が異なる場合がありますので、 あらかじめ電話等で御確認ください。

    -----------------------------------

    ※文中の「図書館」は、Webcat Plusで資料を所蔵することを示された図書館を指します。

  • 収録論文の情報を見る

    目次がリンクになっているときは、目次に対応する論文の詳細な情報を参照することができます。

    リンクをクリックすると、「収録論文」ページが表示されます。

  • 関連資料の情報を見る

    図書館の資料の情報を表示しているときは、情報の中に表示されたリンクをクリックすることにより、関連資料を参照することができます。 詳しくは、関連資料を見るを参照してください。

  • 関係のある情報のページを見る

    図書館の資料の情報を表示しているときは、情報の中に表示された項目のリンクをクリックすることにより、関係のある情報のページを参照することができます。

    対象になる項目は、以下のとおりです。

    • 資源識別子:資料識別子

一覧で前後に表示されていた資料の情報を見る

ページの先頭へ

ページの表示を、一覧のページで前後に表示されていた、別の資料の情報に切り替えることができます。

「次へ」リンクをクリックすると、現在表示されているものよりも一覧での並び順が後(下)のものが表示されます。 「前へ」リンクをクリックすると、現在表示されているものよりも一覧での並び順が前(上)のものが表示されます。